LINEで送る
Pocket

1ハロウィンを楽しむならキャラ分担

近年ハロウィンは、日本でも人気イベントとなってきました。

もともとハロウィンとは、万聖節という、あらゆる聖人を記念するキリストの祝日で、

その祝日は毎年11月1日ですが、その前夜祭が「ハロウィン」で、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りです。

そのイベントが北米では子供たちがお菓子をもらえる日に、

そして日本では大人がコスプレをする日と形を変えて浸透していきました。

さてそんなハロウィンですが、毎年気になるのは「友達とおそろいの衣装」を選ぶ人の多いこと!

みんなでウォーリー、みんなでマリオ、みんなでナース、みんなで警察官・・・

みんな同じ服なので、他人からはそれぞれの違いがわからず

どんなに可愛く衣装を着こなしてもどんなにメイクを頑張ってもあまり注目されません。

とはいえ、せっかく友達とイベントに参加するなら

各々バラバラの衣装をまとうより統一性を持たせたいですよね。

ハロウィンでおすすめなのが【キャラ分担】です。

例えば1人がマリオの仮装をするのなら、別の人はルイージを。

ただしルイージ程度の仮想ならよく目にしますよね。

大事なのは「その他のキャラ」です!

クッパ、ピーチ姫、ピノキオ、ノコノコ・・・

という風に脇役だけどみんなが知っているキャラの衣装を着る人が重要です!

「あそこのマリオ集団にはノコノコまでいる!」

という風に、周りからの視線が一気に集まります!

ハロウィンでナース服を選ぶなら

ナース、医者、患者、患者の家族・・・であったり、

ウォーリーを選ぶなら周りは普通の服装や似た服装をした人にして、

ウォーリー役は常にその中心を歩くのもいいですね。

ちなみに私は友人と「不思議の国のアリス」をテーマに、

アリス・チシャ猫・マッドハッター・ウサギ・ハートの女王

を友人とキャラ分担しました。

注目度は抜群で、知らない人たちから何度も何度も写真撮影を依頼されました。

グループで参加するからこそできるキャラ分担、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

こどものハロウィンイベントは小さなイベントでも楽しめる!

近所の児童館でハロウィンイベントが開催されていました。

児童館の予定表にハロウィンの日が記されていたので、その日に飛び込み行きました。

近所の児童館なので、そんなに期待はせずに行きました。

児童館に入ってすぐに大勢の人たちに驚きました。

もともと児童館と言っても、プラネタリウムが見れたり図書館も併設されていて、

建物丸々が児童館として使われている施設でした。

なので、とても広くてちょっとした舞台などもあり、その日はたまたま着いた時間に

近所のムエタイ教室の人がムエタイを披露していたりもしました。

いつも滑り台などの一般的な遊具が自由に使えるので、ちょっと遊ばせるつもりで行ったのですが、

どうやらハロウィンのイベントとして、スタンプラリーのような事を行っていて、

誰でも参加できるので私の子ども達にも、参加させてました。

スタンプを六個集めると何かもらえるとの事で、挑戦したところ簡単に集める事が出来て、

すぐにお菓子を貰う事ができました。

お菓子もとても凝っていて、市販の10円20円代のお菓子なのですが全てハロウィン使用。

絵柄がかぼちゃのお化けだったり、魔女だったりしてとても可愛らしい絵柄でした。

そしてその場でポンポンしたポップコーンは手袋に入れて、ちょっと薄気味悪い演出をしています。

それでも子ども達は大喜びでハロウィンが大好きなってしまいました。

来年も連れて行ってあげたいと思うような素敵な可愛いイベントでした。

最新の東京大阪のハロウィンパーティーイベント情報はこちら

→東京のハロウィンパーティーをさがす
→大阪のハロウィンパーティーをさがす

LINEで送る
Pocket

ハロウィンパーティーコラムをもっと見る

スポンサーリンク