LINEで送る
Pocket

1

ハロウィンゾンビメイクのコツ

一年に一度のハロウィン!

近年は日本でも親しまれるようになりましたね。

せっかくのハロウィン楽しみたいけど、どうすればいいか分からない…

そんな人のために、ハロウィンの楽しみ方を紹介します。

ハロウィンが近づくと色々なところでイベントが開催されます。

そのイベントでハロウィンメイクに挑戦してみるのはどうでしょうか。

今回紹介するのはとっても簡単なゾンビメイク。

やり方は簡単です!まず、白めのファンデーションをぬりたくってください、

顔と首の色が違うとちょっと変なので首にも塗ってください。

ゾンビと言ったら傷がつきものですよね、そんな傷メイクもとっても簡単にできちゃうんです。

用意するものはティッシュ、つけまつげの糊、ファンデーション、口紅、

アイライナー、だけです。

まず二枚重ねになっているティッシュを薄い一枚状に剥がします。

つけまつげの糊で傷を作りたいところに好きな大きさで貼ってください。

アイライナーで傷を描いてその上から口紅でなぞります。

最後につけまつげの糊を上から塗ってティッシュを肌に見立ててただれてるように

ちょっといじるだけで、傷メイクの完成です。

このメイクでハロウィンを思う存分楽しんじゃいましょう。

ハロウィンは羞恥心を捨ててキャラクターになりきろう!

去年のハロウィンは、アイドルの握手会イベントで、

仲間とテーマを決めて仮装をしました。

色々工夫してみて良かったのは、まず第一に、全員でひとつのテーマを決めて仮装すること。

コスチュームは市販のものに頼りすぎず、一箇所でもいいから自分で工夫して

手作りしてみること、そして何より、恥ずかしいと思う気持ちを捨てて、

そのキャラクターになりきることだと実感しました。

服装だけハロウィン仕様に仮装してみても、

そのキャラクターになり切らなければ心からイベントを楽しむことはできません。

そのためには、仲間と共通点のある仮装をして、ハロウィン気分を盛り上げること、

少しでも衣装を手作りしたり、自分なりの工夫をすることで、

コスチュームに愛着を持つことだと思います。

日本のハロウィンは海外のそれとは異なり、モンスター系の仮装でなくともOKというところが多いです。

これまでイベントを楽しんだことがない人は、アミューズメントパークや

イベントなどで気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

きっと、日常から解放される楽しみが味わえますよ。

プチプラでも楽しめるハロウィン

年々、ハロウィンは盛り上がりを見せていますね。

すっかりと日本の中でも行事として定着してきていますが、

盛り上がる一方で仮装に抵抗がある方もまだまだ多いのではないでしょうか?

ママ友たちと何となくハロウィンパーティーをしようという流れになったものの、

仮装して集合ね!なんて言われると重荷になってしまいそうです。

でもそんな方でも、簡単にハロウィンを楽しめる仮装もプチプラで楽しめますので少し取り入れてみると良いと思います。

まずは、100均です。一回きりの衣装ですから100均で使えるものはどんどん利用しましょう。

ハットや羽根、マントなど定番アイテムは初めての方でも使いやすいアイテムです。

スカートだけチュールにしてみるとか手持ちの服を利用しながらハロウィンさを演出するのがおすすめです。

次は、メイクです。今はつけまつげやタトゥーシールなども豊富です。

しかもこれも100均でそろうんです。目の周りに貼るシールはお手軽でおすすめですよ。

グリッターをつけたりするだけでも華やかです。

あとは、定番のフェイスペイント用の絵の具も使えます。

ステンシルでハロウィンモチーフのものを顔のどこかに施せば、かわいいです。

これならメイクはまださせたくない子どもさんでも大丈夫です。

それでも仮装は苦手という方ならカチューシャやイヤリングといったアイテムを取り入れてみるのも良いですよ。

なんでもプチプラで出来ることばかりなので是非楽しみましょう。

こちらの傷メイクもリアルでオススメ♪

最新の東京・大阪のハロウィンパーティーイベント情報はこちら

→東京のハロウィンパーティーをさがす
→大阪のハロウィンパーティーをさがす

LINEで送る
Pocket

ハロウィンパーティーコラムをもっと見る

スポンサーリンク